ダイニングキッチン

マンスリーマンションの契約の際に連帯保証人は必要です

シックなベッドルーム

マンスリーマンションにある部屋を契約する場合、基本的に個人で契約する時には入居の費用と申込書が必要です。法人での契約の場合は申込書と入居の費用に加えて、法人として証明する会社に関連した書類などを求める事が多いです。マンスリーマンションを借りる時には連帯保証人が署名する書類は不要である事が多いが、殆どの不動産屋で身内などの連帯保証人がいる事を条件として契約を行います。従って、マンスリーマンションでも原則的には連帯保証人がいない状態で、マンスリーマンションを借りる事は出来ない場合が多いです。
契約を行う前に申込書を提出した後に、不動産屋では連帯保証人の連絡先や確認の電話を行う事もあります。連絡が出来ない場合は、保障の都合などの理由で原則的に契約を履行できない場合が多いです。契約書には自分だけの署名や捺印だけで良い事が多いが、連絡が取れないと審査で落ちる可能性が高いです。
申込書などの書類に不備がなくて、きちんと身内などの連帯保証人の連絡先が判明したり、連絡が出来た場合に入金などの手続きを行います。マンスリーマンションで入居を契約する前に自分に合致したマンスリーマンションを探しながら連帯保証人を見つけて、契約書に不備が無い状態で担当者と契約の手続きを行った方が良いです。

TOP